ストロベリーでは1万以上ものブランド化粧品・香水をお取扱
送料無料、その上各種オリジナルディスカウントあり。
ぜひギフト&スペシャルの特別商品はおすすめ


記事内容と直接関係のないコメント、トラックバック(トラックバック・スパム)は掲載させていただくことができません。
削除させていただきますので、あらかじめご了承ください。


リンクシェア・ジャパンのベストレビュアーコンテスト2007にて、準レビュアー賞を受賞しました。
アフィリエイト ベストレビュアーコンテスト2007 準レビュアー賞受賞

『いい女塾』
美容・健康お役立ち賞 1位
主婦・フリーター・その他部門 ベスト塾生賞 3位
を頂きました!

応援して下さった皆様、投票して下さった皆様どうもありがとうございました。本当に、本当に感謝しております。

アレカオブログでモニター・レポートを書いています。
こちらのブログもよろしくお願いします!
もう一つのコスメティックDiary



 

2007年04月07日

最近の仕事 駅前探険倶楽部の駅前プログとROMANCHIST RIPPER BAND

最近、全然駅前プログ鎌倉駅を更新していないみたいだけれど、いったいどこで仕事をしているの? と友人に聞かれました(笑)。

別に仕事をしていないわけではありません。鎌倉駅の記事は確かにあまり書いていないのですけれど、他の駅の記事を書いています。
昨年は日本テレビ系列、KAT-TUNの亀梨和也主演のドラマ「たったひとつの恋」のタイアップ特集を駅前プログでやっていまして、そちらの特集を担当していました。
特集タイトル、キャッチ、リード文などを書いてます(「私の恋、見つけにヨコハマへ」なんていう、こっぱずかしいキャッチです。私はいまだヨコハマで亀梨くんのような素敵な男性を見つけたためしはありませんが……笑)。その他“日本テレビ新ドラマ「たったひとつの恋」の舞台 横浜赤レンガ倉庫で楽しむ!”なんて記事とか、他にもいろいろな駅で記事を書いております(千葉駅宮崎台駅汐留駅府中駅など)。
ドラマの放送終了後も、結構「ロケ地めぐり」が盛り上がっていたようで、うれしいかぎり。ロケ地めぐりをして、亀梨くんとまで行かずとも、素敵な恋を見つけた方はいらっしゃるのでしょうか。いたら教えてください〜。

そして、一番新しい駅探の特集は、「街の魅力」という千葉県ベイエリア千葉県東葛エリアの特集。こちらもキャッチやリード、駅前プログの記事など担当しています。

というわけで、鎌倉駅を更新していないからといって、けして仕事をサボっているわけではないのです(笑)。

そして、駅前プログ以外では、最近「ROMANCHIST RIPPER BAND」のサイトの作成・管理を担当しています。
著作権・肖像権の問題で亀梨くんの写真は載せられないので、代わりに彼らの写真を載せておきますね(笑)。

ROMANCHIST RIPPER BAND

ROMANCHIST RIPPER BAND official blog」もあります(こちらは本人たちが文章を書いているので、私は最初の文章を書いただけなんですが)。
曲の試聴もできますので、よかったら聞いてみてください。
 →試聴ページ

しょうけん

続きを読む
posted by yukkie at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | いい男

2005年11月03日

SCREAMING SOUL HILLが11月4日で解散……!

タイトル通りです……。

以前からも、このブログで紹介させていただいているバンド、SCREAMING SOUL HILLが明日のライヴで解散してしまうんです……。


【SCREAMING SOUL HILL 解散ライブ LAST SCREAM “Good Night”】
下北沢CLUB251
open 19:00/start 19:30
前売¥3,000/当日¥3,500(DRINK別)


SCREAMING SOUL HILLオフィシャル・ブログ

↓SCREAMING SOUL HILLについて私の書いた過去記事はコチラ
SCREAMING SOUL HILL ライヴ・レポ&ライヴ告知!
お気に入りの年下男 その2 〜「SCREAMING SOUL HILL」とkenkenさん〜



解散すること自体は、8月に参加したライヴ、ガンギマナイトで聞き、知っていました。
でも、なかなか自分の中で感情の整理がつかなくて、ブログに記事として「解散!」ということを書くことができませんでした。

とはいえ、もう最後のライヴがいよいよ明日にせまってきて……。
これはやはり、自分のブログの中で告知と、ライヴ前の正直な自分の思いを書いておきたい、と思い、記事を書くことにしました。


最初に「解散」ということを、ライヴのMCの中で聞いたときは、正直ショックで……唖然として言葉も出ませんでした。
そして、すぐ友人に携帯でメールを送りました。
友人も唖然……。

でも、サイトやブログで語られている彼らの言葉を読んでいるうちに、自分の中でも単なる哀しい出来事としてではなく、前向きに受け止められるようになってきたような気がします。
「これは新しいスタートである。

決して撤退を意味するものではない。」
というサイトに書かれた宣言。

そして、
「みんなそれぞれの道を歩き出す。
オレはオレをやめない。」
という剛二さん(Vo)。
「SCREAMING SOUL HILLを止める事は、俺の中で一番無しなことだった。
だから、SCREAMING SOUL HILLを終わらせることにした。
ハンパな気持ちでやってきたわけじゃないから、
一番極端な答えを導き出した。
これが俺達のやりかた。」
という昭彦さん(G)。
「これからのそれぞれの活動の中で必ず一緒に笑える日が来るように
頑張ろうと思っとります。」
という粂井さん(Dr)。
「みんなが音楽をやめるわけではないのでこれからの4人も変わらず応援してやってください。

騒がしそうな未来に不安じゃなく希望を抱いて。」
というkenkenさん(B)。


ブログ内の記事「あきひこ」に込められた
「今までのすべてを、11月4日にぶつける。
出来る限り、すべての思いを、ギターの音に込めよう。
残りのすべての時間を、SCREAMING SOUL HILLにささげよう...って思えた。」
という彼の思い。

IMG_0244_s.jpg


同じくブログ記事「楽器たち」(11月2日)に書かれた
「今日SCREAMING SOUL HILLとしては、最後のリハーサルをやった。
もちろん、感慨深いものもあるけど、
今は、いい意味で、もっとアグレッシブな気持ちになってる。
11月4日が楽しみでしょうがない。
最高の一日にしたい。
出来る自信もある。
楽しみにしててくれぃ。」
という昭彦さんの言葉。

IMG_0245_s3.jpg

「最高の一日にしたい」って、本人たちが思うなら、私も涙は流さずに、最高の一日として楽しみたい。
そんなふうに、今は思っています。

ちなみに、明日の解散ライヴについては、DVDが発売されます。

■SCREAMING SOUL HILL LAST SCREAM “Good Night”■
品番:QOM-002
価格:¥4,000(消費税込み)/発送手数料¥600(何枚でも)
発売日:2005年12月中旬発送予定

通信販売のみですので、申し込み詳細についてはSCREAMING SOUL HILLオフィシャル・サイトをご覧下さい。

ライヴに参加できない方も、是非、彼ら4人としての最後の晴れ姿を見て欲しい……、そう思います。


最新アルバムであり、結果的に彼らの最後のアルバムとなってしまった『REVIVE』。こちらは普通に購入することができますよ。

REVIVE
REVIVE
posted with amazlet on 05.11.03
SCREAMING SOUL HILL
インディペンデントレーベル (2005/05/11)
売り上げランキング: 54,838


続きを読む
posted by yukkie at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | いい男

2005年08月28日

SCREAMING SOUL HILL ライヴ・レポ&ライヴ告知!

以前、告知をしてから間が空いてしまいました、ゴメンナサイ。

『いい女塾』8月目標進捗状況報告〜英語だらけの毎日〜」でちょこっと予告させて頂きましたが、7月の『いい女塾』の課題で書いていた「お気に入りの年下男」シリーズが周囲の友人に好評だったため、このブログの中で連載を継続することに致しました。
ということで、前回の【お気に入りの年下男 その2 〜「SCREAMING SOUL HILL」とkenkenさん〜】に引き続き、再びご紹介させて頂きます、SCREAMING SOUL HILL!

前回、SCREAMING SOUL HILLの記事を書いた時には、CDを聞いていただけでまだライヴに行ったことがなかった私。
8月13日に初めてライヴに行き、更に彼らの魅力に惹きつけられてしまいました!

2005.08.13 (sat) 下北沢 CLUB251

IMG_0246s.jpg

《セットリスト》

1.SILVER BULLET
2.BORN
3.祈り
4.FLY
5.I'M
6.ATTITUDE
7.HEAVEN

「BORN」「祈り」「ATTITUDE」はアルバム『Bring’em』収録曲。
「SILVER BULLET」「FLY」「I'M」「HEAVEN」はアルバム『REVIVE』収録曲。


■SCREAMING SOUL HILL
Vo:鈴木剛ニ
Gu:加藤昭彦
Dr:粂井宏昭

サポートメンバー
B:kenken


友人と軽く夕食を食べ、CLUB251に着いた時にはもう最初のバンドのライヴが始まっていたので、ハコの中はかなりの人と熱気。
もう、前の方には行けないかなぁ……と中央辺りで、SCREAMING SOUL HILLのライヴが始まるのを待っていました。

初めての場所、初めてのバンドのライヴということで、始まるまでは勝手がよくわからず、ちょっと不安だったのですが……。

ライヴが始まったら、そんな不安もどこへやら……いつの間にか勝手に身体がノッている!
そして中央辺りにいたのに、いつの間にか前から4〜5列目辺りまで行って頭振っていました(笑)。

暑さを吹き飛ばすような、爽快な疾走感。
そして、彼らをよく知らない人をも惹きつけて、いつの間にかのせてしまう楽曲の魅力とそのパフォーマンス力、カリスマ性。

CDで聞いていた期待以上のものがステージにはありました。

演奏が安定しているから、楽曲がカッコイイからなどという、当たり前の理由だけではなく、初めて見たオーディエンスを惹きつける求心力、のせてしまう力を持っているバンドという感じです。

実際、私の周りにいた他のバンド目当てで来ていた女の子たちから「このバンドも見たい〜」という声が聞こえてきたりもしました。

前方にはガタイのいいお兄ちゃんたちが沢山!
ハードなロックンロール・ナンバーが多いということで、男性ファンが多いのも納得なのですが、やはり男から見ても素直に「カッコイイ」と思える、憧れの男たちだから……、というのが男性ファンの多い理由でしょうね。

モニターの上に乗って、客席を煽る剛二さん(Vo)がものすごく大きく感じました。

途中「チューニングするからちょっと待っててね」なんて、昭彦さん(G)のお茶目な発言もありつつ(笑)、しかしそんな間も感じさせないような、あっという間の7曲。

「HEAVEN」が終わった時の私の正直な感想は、

え? もう終わりなの?
もっと聞きたい〜!

でした。

よく、楽しい時間はあっという間に感じると言いますけれど、本当ですね。
5分くらいしか経っていないのかと思いました(by 私の体内時計)。

ライヴの前はいろいろと悩み凹んでいることがあったのですが、ライヴが終わった時にはそんなマイナスの感情もどこへやら……。
ものすご〜く、気持ちよくハイになっていました。
本当いい汗かいたなぁ〜、という感じです。


ステージだけ見ていると、ものすご〜くおっかなそうに見える彼らですが、実は全然そんなことはなくとても優しい男性たちなので、ご安心を(笑)。
おっかなそうに見えるのは、きっと彼らのミュージシャンとしてのオーラ、カリスマ性なんだと思います。


ステージを降りたギターの加藤昭彦さん。

IMG_0244_s.jpg

IMG_0245_s3.jpg


【SCREAMING SOUL HILL ライヴ告知】

さて、次回のSCREAMING SOUL HILLのライヴは明日! 8月29日です!

■ガンギマナイト 1st Anniversary■

◇公演日:2005年8月29日(月) 
◇開演:昼12:00 開場:昼12:00
◇会場:club asia
◇出演:UZUMAKI / PHUNK JUNKEEZ(from US) / CHOKE SLEEPER / NICOTINE / SCREAMING SOUL HILL / BOMB FACTORY 他
◇チケットぴあにて発売中 Pコード:206-282
前売 3500円/ドリンク代別 当日 4000円/ドリンク代別

続きを読む
posted by yukkie at 11:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | いい男

2005年07月30日

いい女が選ぶお気に入りの年下男 その1 〜Charlie Tanakaさん〜

いい女塾』ユフィさんから、
「いい女(または自分)が選ぶ、お気に入りの年下男性を教えてください」
という課題が出ています。

ということで、以前「アンチ・エイジング成功か〜!? そして年下ボーイズの魅力って……」記事内で、
私のブログを見ている年下男性諸君。
もし、自分に自信アリなら、私宛に写メール送って下さいませ。
と呼びかけたのですが、誰からも写メールが届きませんでしたよ……。

元教え子の中で一人くらいは自薦してくる猛者がいるかと期待しておりましたが、誰も名乗り出てくる様子がないので、私の独断で選ばせて頂きます。

さて、私にとっての「いい男」の基準。

前回の記事でも、


私、髪短い男ダメなんです!


と宣言させて頂きました。

コレがまず最優先事項!


坊主はNO!


だってね、皆さんよ〜く考えてみて下さいませ。

「ざんぎり頭を叩いてみれば文明開化の音がする」

って日本史の時間に習いませんでしたか?

「日本男児たるもの髪が短い方が男らしいのである〜!」なんて考え方は、明治政府が樹立されてからの話なんですよ。
それに「男はざんぎり頭」にすべしとなってからも、しばらくの間かなりの人たちが断髪することに対して、抵抗があったらしいようですし。

それはそうですよね〜。
だって、男も女も長髪の時代が何年続いていると思います?
正史で髪型について確認できるのは紀元後の話になってしまいますが、おそらく旧石器時代から長髪でしょう?
それに比べて、男=短髪になってから、まだたかだか


138年!


ですよ。

明治政府樹立以前、髪の短い男は僧侶
だから、今でも短く刈っている頭を坊主頭、坊主刈りって言うんじゃないですか〜!

ということで、私の基準。

髪が短くて耳が見える男はみな僧侶


世捨て人。出家者。


だから、男とは見なしません!

さらに、中古文学を専門としております私にとっては、「平安時代のいい男」が「いい男」の基準でございますよ。

【平安時代のいい男】
1.楽器が弾ける
2.歌が詠める
3.漢詩の朗詠がうまい

これ、最低基準です。

ということで、まとめ。

私にとっての「いい男」


長髪で楽器が弾けること!


演奏がうまいこと!


歌もうまけりゃ、なおOK!



楽器……個人的には弦楽器希望……。

この私の基準てさ……現代においては、ミュージシャンしか満たしてくれないのよね……。
うん、そうだよね。
仕方ないよね……(苦笑)。

ということで、前置き長くてスミマセン。
私の選んだ年下のいい男に登場してもらいましょう〜。

第一回目はCharlie Tanakaさん〜、From 梵天
(↑おい、いきなり連載かいっ!)

Charlie.jpg

↑ご本人の許可を得て写真を掲載させて頂きます。
Charlieさん、ご協力ありがとうございます、感謝です<(_ _)>。

平安時代のいい男が……とかうんちくダラダラぬかしておいて、いきなり彫りの深い男を出してくるなぁ〜っていうツッコミはナシにして下さいませ。

私、彫りの深い男が大好きなもんで、スミマセン。

Charlieさんは「梵天」というバンドのギタリスト。
そして「梵天」の他、現在は元LUNA SEAのギタリストSUGIZOさんのユニット、The FLAREでギターを弾いていらっしゃいます。
↓Charlieさんのオフィシャル・サイトはこちらです。

Charlie's Room

私も「SUGIZOさんについて語りますよ? 私たち」に、「梵天ライヴ・レポート(at 三軒茶屋Grapefruit Moon)」なんていうヘナチョコ・レポをアップしてはいるんですが……。

私の文章力・表現力では、Charlieさんの魅力、ギターのテクニックをうまく伝えられないんです……。ホントもどかしいことに……。

Charlieさんのオフィシャル・サイトでは梵天のライヴ動画も見られますし、The FLAREの「Positivity」のPVも見られます。
さらに、7月27日に行われたライヴの動画が見られるサイトへのリンクもありますので、是非ご覧下さいませ。

私が一生懸命説明するよりも、やはり実際に見て、聞いてもらった方が、Charlieさんのかっこよさ、うまさが伝わると思うのですよ。

かっこよくて、ギターめちゃうま!
もう最高ですな!

続きを読む
posted by yukkie at 05:45 | Comment(4) | TrackBack(1) | いい男

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。